AMEXカード

SPGアメックスの使い方。2年使ったら50万ポイント貯まった【大公開】

私は、2017年10月にSPGアメックスを取得し、約2年間メインカードとして使い続けました。2018年にはマリオットのプラチナチャレンジも行い、現在はマリオット・ボンヴォイ のチタンエリートステータスを保有しています。

2年間使いに使い倒したSPGアメックスですが、この度アメックス・プラチナに加入をしたことをきっかに、アメックス・プラチナとSPGアメックスとの2枚持ちは年会費的にも正直厳しいところがあるため、退会をいたしました。なぜアメックス・プラチナに乗り換えたのか、その理由はこちらをご参照ください。

SPGアメックスからAMEXプラチナに乗り換えた理由SPGアメックスを2年保有していた私がAMEXプラチナに乗り換えた理由を大公開。どちらも人気のクレジットカードですが、プラチナチャレンジも達成した私はとある理由で乗り換えを決めました。...

上記の記事でも説明していますが、SPGアメックスは本当に良いクレジットカードでした。退会した人の言葉に説得力に欠けるのは重々承知の上なので、退会を記念して、ここ2年間のポイントの溜まり具合をすべて公開したいと思います。普段は都内でサラリーマンをしている私が2年間、ほぼすべての支払いをこのSPGアメックスに集約し、マリオット系列のホテルへ積極的に宿泊をした場合、どれくらいポイントが貯まっていくものなのか、すべてをお見せしたいと思います。

最初の3ヶ月で約12万ポイントをゲット

SPGアメックスに加入をしたのは、2017年10月でした。ポイントの獲得の様子はすべて画像でご紹介していきますので、下記の画像をご参照ください。

「Amex Japan Base Spend Cnsr」というのが、通常のカード支払いに対して付与されたポイントです。通常カードの支払い100円で3ポイント貯まります。また、加入直後は、積極的にSPGアメックスを使い、加入特典のボーナスポイントなども獲得したため、いいスタートを切ることができました。

ゴールド会員でもラウンジを使用できた2018年上半期

当時はスターウッドグループがマリオットに買収されてすぐ後のことで、SPGアメックスを保有するとほぼ自動的にマリオットのゴールド会員にもなることができました(SPGとマリオットはまだ別の会員だった)。そして、マリオットのゴールド会員であれば、マリオット系列のクラブラウンジも宿泊者なら無料で使えることができました(とてもいい時代でしたね)。

そういうこともあり、東京マリオットホテルに予約を入れたのを覚えています。この時の宿泊ではじめてクラブフロアのラウンジを使い、その居心地の良さに虜になってしまいました。

プラチナチャレンジを開始

2018年2月には、マリオットのプラチナチャレンジを行いました。その年の6月に新婚旅行でハワイに行くことが決まっており、ハネムーンまでに、プラチナステータスを何としてでも手に入れたかったのです。
当時は、マリオット・ボンヴォイ が誕生する前で、スターウッド(SPG)系か、マリオット系のホテルをどちらか選び、プラチナチャレンジを行うことができました、スターウッド系とマリオット系で必要な宿泊条件が異なっていたのですが、私はマリオット系を選びました。2019年8月現在、プラチナチャレンジに必要な日数は16泊ですが、当時マリオットは9泊の宿泊実績でプラチナステータスを手に入れることができました。

私は都内に住んでいることもあり、プラチナチャレンジの滞在数稼ぎに、主に当時オープンしたばかりのモクシー東京錦糸町を利用していました。オープン特典で、宿泊ごとに2000ポイントのボーナスポイントがついたのも有り難かったです。

モクシーをメインに利用しつつも、時々、”ザ・プリンスさくらタワー東京”や”マリオット軽井沢”なども利用しました。

無事3ヶ月で9滞在を達成することができ、はれてプラチナエリートメンバーの仲間入りを果たすことができました。

新婚旅行はシェラトンとリッツカールトン

2018年6月にハワイに新婚旅行で行きました。5泊7日の日程だったので、3泊シェラトン、2泊をリッツカールトンに滞在しました。

シェラトンのラウンジ

シェラトンは正直あまりいいホスピタリティではなかったのですが、プラチナエリートのステータスを持っていたため、ラウンジを使えたり、部屋のアップグレードがあったりと、いい思いもすることができました。特にラウンジは、ダイヤモンドヘッドを見渡せる絶景ということもあり、ビールも飲める休憩場所として頻繁に利用させていただきました。


リッツカールトンの客室

リッツカールトンは、ポイントプログラムの対象外ということもあり、宿泊に伴うボーナスポイントはつきませんでした。ただ、コンシェルジェの方が気を利かせてくれて「プラチナステータスということと、ハネムーンということで、部屋をアップグレードしました」と言って、なんとスイートルームへアップグレードしてくれました。部屋にはダイニングテーブルやソファはもちろん、大型キッチンや洗濯乾燥機などもついて部屋で、とても快適でした。また、ここの朝食で飲んだパイナップルジュース(1杯約2000円!)は、感動的なおいしさでした。

ちなみに、ハワイへは行きはデルタ航空のビジネスクラスを利用したのですが、デルタ航空とマリオットも提携をしているらしく、ボーナスポイントがつきました。また、帰りは、貯めたポイントをマイルに変えてJALのプレミアムエコノミーで帰ってきました。

ポイントで無料宿泊!

2018年10月は香港へ行ったのですが、ポイントを使ってリッツカールトン香港へ1泊無料宿泊をしました。


この時も客室をアップグレードしてもらっています

当時はまだSPGとマリオットのポイントプログラムの統合直後で、今と比べて少ないポイントで無料宿泊をすることができました。今は8万ポイント以上必要なこのホテルも、昨年は6万ポイントで宿泊することができたのです。

8月27日の「Point Transfer with Other Account」はおそらく、SPGとマリオットのポイント統合によるポイントの移動なので、実質±0です。

8ヶ月でウエスティンに3回泊まる

その後も順調にポイントを貯めていき、加入から1年後、SPGアメックスの特典である無料宿泊特典も無事付与されました。今年の2月にはその権利を行使し、ウェスティンホテル東京に無料宿泊をしています。プラチナステータスを持っているので、無料宿泊でもクラブラウンジのフロアにアップグレードされます。

また、2月にはスターウッドとマリオットのポイントプログラムが完全統合されまして、その影響で、マリオットのゴールドステータスを持っていた人はプラチナへ、プラチナを持っていた人はチタンエリートへステータスがアップグレードされるということがありました。正直「プラチナチャレンジ要らなかったじゃん!」と思いもしましたが、有り難くアップグレードを受け入れることにし、現在チタンエリートのステータスを保有しています。

ウェスティン バリ

今年の6月には友人の挙式でバリに行き、”ウェスティンリゾート・ヌサドゥア,バリ”に宿泊をしたのですが、チタンエリートということもあり、部屋のアップグレード、豪華なウェルカムフルーツに無料の朝食、ビーチで過ごせるガゼボのレンタルなどいろいろとお得な体験をしています。(ホテル内の飲食も割引のはずだったのですが、なぜか明細をみても割引かれた形跡がなかったのが残念です)
気づいたら、8ヶ月の間に仙台・東京・バリのウエスティンホテルに宿泊していました。

ちなみに、2019年6月にはオープンしたばかりのセントレジス 香港へのポイントでの宿泊予約を行い、8万5千ポイントが引かれています。

SPGアメックスを2年使ったら50万ポイント貯まった

ということで、私の2年間のポイント実績を包み隠さず公開しましたが、いかがだったでしょうか?すべての支払いをSPGアメックスに集約したところ、2年足らずで約50万ポイント貯めることができました。途中で、一部ポイントを無料宿泊やマイルに変えているので、現在手元に残っているのは28万ポイントです。SPGアメックスは解約をしてしまいましたが、残ったポイントは引き続き使うことが可能です。

私は、会社の経費などもすべてカードで支払っており、出張経費など毎月数十万円の立替なども行なっていることもあり、普通の一般的なサラリーマンよりもクレジット利用金額が多いです。とはいえ、給与的には普通のサラリーマンレベルなので、それを考えるとかなりの貯まり方なのではないでしょうか?

SPGアメックスの契約を考えている方、ぜひ参考にしてみてください。

-->
-->

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です